office
志望大学に無事合格したら、
高校:卒業式↔大学:入学式の間に、
合格した大学に休学手続きをとって
1年間限定で、社会に出て働いてみましょう。

意識レベルが高いほど
大学生活を満喫することが出来ます。

それを高める為に、手っ取り早い方法が
社会人として一回働いてみる事です。
営業先のやり手の社長に揉まれ
苦手な上司とやり合って、
社会全体の仕組みを俯瞰しましょう。

社会人としての視点を身に付けた学生は、
意識が高くなり
進学先の大学が持つ資源を
貪欲に有効活用していきます。

学内の海外留学制度や
成績優秀者向けの奨学金獲得
総代・インターンシップ, etc.

社会人大学院生(平均:25~45歳)は、
非常に勉強熱心で、かつ
大学を最大限に活用しています。


彼らと同じ心構えを、18・19歳の時点で
形成する事が出来ます。

Flickr photo By mahiro1322
office


参考記事
キャリアアップしませんか? 大学院で知財を学んで