久しぶりのボクシング記事投稿です。
先程、八重樫東選手がWBC世界フライ級王者五十嵐俊幸選手
3-0の判定で完封勝利し、これでWBAミニマムと合わせて
見事2階級制覇を達成しました。

ライトフライを飛ばして、
ミニマムからフライへ飛び級での2階級制覇。
日本ボクシング界の歴史に燦然と残るであろう
価値ある1勝です。本当におめでとうございます!

これで、八重樫選手は、晴れて
WBC世界フライ級王者
となりました。
WBC

個人的な思いとしては、今月の1日付で
JBCがIBFとWBOに加盟した事もあり、八重樫選手には
是非ともフライ級の世界王座統一戦線に絡んでほしいです!

ボクシングのフライ級の現状は、下記のとおりです。

WBAWBCIBFWBO
上記画像は、Wikipediaのクリエイティブ・コモンズから
加工・使用させて頂きました。有難うございます。
【出典元】
WBA 世界ボクシング協会 WBC 世界ボクシング評議会
IBF   国際ボクシング連盟 WBO ノニト・ドネア


WBAスーパー・WBO世界フライ級統一王者
WBAWBO
Juan Francisco Estrada
(4月6日に、ブライアン・ビロリアから勝利を奪って統一王座を奪取。)


WBA世界フライ級王者
WBA
Juan Carlos Reveco
(今年2月に
黒田雅之選手に勝利して3度目の防衛に成功した強豪。)

IBF
世界フライ級王者
IBF
Moruti Mthalane
(敗れはしましたが、ドネアとも好勝負をした強。現在IBF防衛4度。)

以上の3人のチャンピオン達が各団体の王座に君臨しています。

素人意見ですが
「The Hawaiian Punch(ハワイアン・パンチ)」のブロリアに勝利した
WBA・WBO二団体統一王者のEstrada選手
ライバル3人の中でも、頭ひとつ抜けてると思う
ので
まずは、Reveco選手
Moruti
選手
どちらかとの統一戦に臨めたら
と。
そうしたら、メチャクチャ興奮するだろうな…。

名勝負製造機の異名をとる八重樫選手の姿
異国のボクシングファンの皆にも、見てもらえたらと思います。

何はともあれ、八重樫東選手
そして
五十嵐俊幸選手、名勝負を有難うございました!
今夜はゆっくり傷を癒して下さい!